光と人

私は街の照明を観察するのが趣味です。 このブログは、その魅力が伝われば良いなと思い書いています。

自分だけの照明を見つける方法

夜の散歩は好きですか?
今の時期は、とても過ごしやすい気候なので夜散歩にお勧めのシーズン。
とにかく気持ちがいい。

ただ歩くだけでは味気ないかもしれないけれど、
面白い照明を見つけられるかもしれないと思いながら歩けば、気分も上がる。


そんな夜の散歩で見つけた「なんだか気になる」照明を、
自分だけの照明を見つける方法と共にご紹介。



・露わな姿

どこにでもある工事現場。
「使えればいい」そんな理由でこんな姿になったのか。
よく見るとほぼ裸でフェンスに括り付け。

露わで大胆な蛍光灯の姿にしばし興奮。

koji1

koji2

checkpoint! "だらだら歩く"
ゆっくり歩きます。何人もの人に追い越されて、さよならと背中を見送るくらいゆっくり。
そうすれば、嫌でも細かい所に目が行くようになってきます。
そんな細部にあるのは新たな発見。




・カンカンカン、ダー!

小さな踏み切りは、人もいないし眺めるのに調度いい。
常に照らされる踏み切りは、
これから何かが始まる舞台のように見えなくもない。

humi

humi2

checkpoint! "立ち止まる"
立ち止まると、時間の経過と共に変化する照明を見つけることができます。
特に交通機関に関する照明にはこれが最適。




・古き良き時代

ぼんやりと周囲を照らす、アパートメントの照明。
失礼して撮影。
アパートの看板も相まって昭和の香りに触れた気がした。
 
apa

checkpoint! "住宅"
住宅には個性的な照明が設置されている事が多い。
何となく住んでもいない住宅街を歩くのは変な感じがしますが。



・夜の顔に気づかされる
そんなに凛として光っていたとは気がつきませんでした。
これも夜さんぽのおかげで見つけた。
bus

checkpoint! "いつもの道を夜歩く"
昼には気づけない照明がそこにある。




・おしゃれボーダー

見慣れた均等に引かれた線に、照明によって濃淡が加わった。
交通整理の用途を越えてコンクリートをおしゃれボーダーに。
oudan1

oudan2

checkpoint! "これは!、と思ったら"
可能なら四方八方から鑑賞してみます。
自分のベストアングルを見つける良い機会。




・水に浮かぶトタン屋根
それが何なのかなんて、どうだって良い時もある。
水上に通路がある。
それだけで大満足。
turo1

\
turo2

checkpoint! "水辺に行く"
誰にでも照明の芸術的姿を見せてくれる簡易スポット。
都心の夜景や花火より、個人的には好み。




…考えてみたら、街に住んでいなかったら照明をこうやって見ることはなかったと思います。
恐らく月や星を眺めて喜んでいたんじゃなかろうか。


照明の濃厚さにめまい

濃厚な照明に出会った事はありますか?

照明にもラーメンのようにあっさり塩味から濃厚とんこつ味まで「濃淡」があると思ってます。
今回は眩暈のするような濃厚な照明を発見したのでお知らせします…

その照明とは、とある避暑地で出会いました。

そこには車の往来が激しい国道があります。
その騒々しい国道から細い横道に入ると、森に囲まれた静かな坂道に入る事ができます。

傾斜のある曲がりくねった道は真っ暗で、車のヘッドライトで照らさない限り暗く、その辺りに詳しくなければ歩いているうちに不安になるのではないでしょうか。

そんな少々不気味な道を息を弾ませながら歩き上って行くと、 普段目にするこ とのない“何かしら”の大動物が柵のない場所にいるように見えます。

そんなことは無いはず…と思いながらも歩き続けると、
空中に浮かぶ艶かしく美しい巨体が徐々に
近づいていきます。


「いったい何なんだろう」と不思議に思いながらよく見ると、それは身近な動物の模型だということがわかりました。
身近と言っても私の場合は食卓での関係が主ですが、人によっては移動手段やアダルトなお遊びで関わっているのではないでしょうか。

それは"お馬さん"です。馬を模した看板がおよそ地上1メートルの位置に、まるでその肉体美を誇示するかのようにたたずんでいたのです。照明によりテラテラと光るボディーはなんとも妖しく、ほんのちょっと気を抜くと本物のように見えて驚かされてしまいます。

IMGP4898

この照らされた馬は、乗馬クラブの看板だったようです。周囲が真っ暗なので宣伝効果はバッチリですね!

夏の夜にふさわしく、背筋がヒンヤリと湿るほど濃厚な照明体験でした。



もう一つ、濃厚照明を紹介したいと思います。こちらはお酒を飲まれる方にはお馴染みの提灯。
お酒を飲まれなくても、お祭りなどでも多く見かけるかもしれませんね。というより、お祭りでの使用の方が元々の使い方ですね。それを忘れるくらい飲み屋には提灯が下がっているのですっかり飲み屋の目印だと、私は無意識に思い込んでいるようです…

提灯には様々な文字や絵柄が表面に施されていると思います。「酒処」と書いてあったり、お店の名前が書いてあったり。それから神社や祭りの名前などなど。

ちなみにこちらの提灯は「スタミナ」。おそらく言葉の暑苦しさや、設置場所、下部が少しひしゃげていて個性的な所が、濃厚に感じる一因となっていると思います。
 
P1010568



皆さんの身近にも、このような濃厚な照明があるのではないでしょうか?興味があれば、散歩ついでに探してみて下さい。濃厚な写真が撮れた際は、是非見たいのでご一報を!




 

ありがたやーナチュラルスポットライト~

最近、太陽に焦がされたA25です。

日焼け止めにも限界があることを知りました。アネッサでも負ける時は負けるのですね。


それにしても太陽はいたずらが好きですね。
人間がいかにも意味を見出してしまいそうな所に光を集める事がよくあります。
それを見た私達は崇高さを感じちゃったりするわけです。神々の存在を感じちゃったり?

お地蔵さん。ありがたや~
IMGP4548

カップルズホテルの照明

ラブホテルのことをカップルズホテルとも言うらしいですね。

ところで、友人が楽しい写真をくれたので紹介したいと思います。
DSC_0243
 
ピンクの子豚。
ラブホテルには謎が多いですね。
異次元のセンスを感じます。集客を狙ってやっているのだと思いますが、それが狙い通りに
なっているかと言ったら疑問を感じませんか。カップルのムードが壊れてしまったりしないのでしょうか。
いや…もしかしたら可愛らしいホテルの名前をネタに冗談を言いながら気軽に入れる
雰囲気を作り出すために、わざとこういった名前にしているのかもしれませんね。

実際どうなんでしょう。

この譲り受けた写真、かなり気になる部分もございますが、そこは軽く流します~サラリ ~ン

LEDの光が冷たく感じるわけ

LEDの光は熱を発する量が少ない。
それを人間が感じ取るかららしい。

短く言うと、たぶんそういうことだと思う。

AERAで福岡伸一さんが書いていました。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ